ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 文芸

これは水です 思いやりのある生きかたについて大切な機会に少し考えてみたこと

デヴィッド・フォスター・ウォレス/著 阿部重夫/訳
田畑書店
本体 1200円 +税
出版年月 2018年7月
ISBN 978-4-8038-0353-2

著者紹介

ウォレス,デヴィッド・フォスター(ウォレス,デヴィッドフォスター)1962~2008。作家。イリノイ州で育ち、少年時代はテニス選手。アムハースト大学で様相論理と数学を専攻、25歳で書いた処女長編『システムの箒』で作家デビューする。アリゾナ大学創作学科で修士課程を修了、ハーヴァード大学哲学科に移るが、鬱病で中退。詩人兼作家メアリー・カーとの恋愛を経て、95年に1076ページの長編『無限の道化』を完成させた。未完の長編『蒼白の王』を残して自殺した

阿部 重夫(アベ シゲオ)1948~。調査報道記者。東京生まれ、1973年、東京大学文学部社会学科卒。日本経済新聞社に入社し、社会部、整理部、金融部、証券部、論説委員兼編集委員を経て95年にロンドン総局駐在。98年に退社し英国ケンブリッジ大学客員研究員としてイラク大量破壊兵器問題を研究した。99年から月刊誌「選択」編集長、2006年に月刊誌FACTAを創刊した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です