ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 文芸

剣樹抄

冲方丁/著
文藝春秋
本体 1500円 +税
出版年月 2019年7月
ISBN 978-4-16-391050-5

出版社・メーカーからのコメント

捨て子を保護し、諜者として育てる幕府の隠密組織〈拾人衆(じゅうにんしゅう)〉。これを率いる水戸光國は、父を旗本奴に殺されてのち、自我流の剣法を身につけた少年・六維了助に出会う。拾人衆に加わった了助は、様々な能力に長けた仲間と共に各所に潜り込み、江戸を焼いた「明暦の大火」が幕府転覆を目論む者たちによる放火だったのではという疑惑を追うが――江戸城天守閣を炎上させ、町を焦土と化した明暦の大火。そこから復興せんとする江戸を舞台に、新しい諜報絵巻が、いま始まる!

著者紹介

冲方 丁(ウブカタ トウ)1977年岐阜県生まれ。96年『黒い季節』で第一回スニーカー大賞金賞を受賞してデビュー。2003年『マルドゥック・スクランブル』で第二四回日本SF大賞受賞。09年に刊行した『天地明察』で第三一回吉川英治文学新人賞、第七回本屋大賞など数々の文学賞を受賞。12年『光圀伝』で第三回山田風太郎賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です