ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 文庫

歌の旅びと ぶらり歌旅、お国旅 西日本・沖縄編

五木寛之/著
集英社
本体 600円 +税
出版年月 2019年4月
ISBN 978-4-08-745867-1

出版社・メーカーからのコメント

NHKラジオ深夜便の人気コーナーを文庫化。旅した地には、常に歌があった。歌×旅のエッセイ「生まれたときから、ずっと旅を続けてきたような気がする」─―そう語る著者のそう語る著者の旅の途上には、常に歌があった。民謡、歌謡曲、ポップスやフォーク・ソング。日本の歌の源流をさぐる旅をし、数々の名曲の作詞を手掛けた著者だからこそ気づいた、"ご当地"と歌の関係。いにしえの国際都市・京都や、神話のふるさと・鳥取、絆と和らぎの沖縄など……。西日本・沖縄を巡る、歌と旅のエッセイ。

著者紹介

五木 寛之(イツキ ヒロユキ)1932年福岡県生まれ。生後間もなく朝鮮半島に渡り、戦後引揚げる。早稲田大学ロシア文学科中退。PR誌編集者、放送作家、作詞家、ルポライターなど多くの職業を遍歴。66年「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞、67年『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞、76年『青春の門』で吉川英治文学賞を受賞。後に菊池寛賞、毎日出版文化賞特別賞、NHK放送文化賞など。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です