ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 文庫

歌の旅びと ぶらり歌旅、お国旅 東日本・北陸編

五木寛之/著
集英社
本体 600円 +税
出版年月 2019年4月
ISBN 978-4-08-745866-4

出版社・メーカーからのコメント

NHKラジオ深夜便の人気コーナーがエッセイに懐かしい歌、忘れられない歌、流行りの歌……人はみな故郷の歌を背負って生きている!「旅をする途中で、その土地その土地の歌を聴いて感じるのは、たとえ流行歌であっても必ず根があるということだ」シャンソン系の曲が花開く、秋田の国際感覚。独自のジャズを生み出してきた岩手の好奇心……。旅の先々で著者が触れた人、文化、歴史や風景。それらに密接につながっている歌を紹介するエッセイ。きっとあなたも、東日本・北陸の旅情に浸りながら、気づけば一曲口ずさんでいるはず。

著者紹介

五木 寛之(イツキ ヒロユキ)1932年福岡県生まれ。生後間もなく朝鮮半島に渡り、戦後引揚げる。早稲田大学ロシア文学科中退。PR誌編集者、放送作家、作詞家、ルポライターなど多くの職業を遍歴。66年「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞、67年『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞、76年『青春の門』で吉川英治文学賞を受賞。後に菊池寛賞、毎日出版文化賞特別賞、NHK放送文化賞など。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です