ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 文芸

姑の遺品整理は、迷惑です

垣谷美雨/著
双葉社
本体 1400円 +税
出版年月 2019年2月
ISBN 978-4-575-24153-2

出版社・メーカーからのコメント

姑が亡くなり、住んでいたマンションを処分することになった。業者に頼むと高くつくからと、嫁である望登子はなんとか自分で遺品整理をしようとするが、あまりの物の多さに立ちすくむばかり。「安物買いの銭失い」だった姑を恨めしく思いながら、仕方なく片づけを始める。夫も手伝うようになったが、さすが親子、彼も捨てられないタイプで、望登子の負担は増えるばかりである。誰もが経験するであろう、遺品整理をユーモアーとペーソス溢れる筆致で描く長編小説。

著者紹介

垣谷 美雨(カキヤ ミウ)1959年兵庫県生まれ。明治大学文学部卒業。2005年「竜巻ガール」で、小説推理新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です