ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 文芸

クラシック天才たちの到達点

百田尚樹/著
PHP研究所
本体 1950円 +税
出版年月 2018年7月
ISBN 978-4-569-84071-0

出版社・メーカーからのコメント

「笑われるのを承知で書くが、この曲は人類の残した最も偉大な曲ではないかと本気で思っている」「第四変奏はまさに幽玄の世界である。そしてこの変奏曲の最後の部分で、私は天使が天上から舞い降りてくる姿を見る。ここはもう涙なしには聴くことができない」……。

 本屋大賞作家の百田尚樹氏は、クラシックのCDを2万枚以上持っている大のクラシックファン。本書は百田さんのクラシックエッセイシリーズの第三弾、完結編になります。

 今回は「天才たちの到達点」と題し、ベートーヴェン、リヒャルト・シュトラウス、シューベルト、ブラームスといった天才たちが、晩年に辿り着いた境地について語っています。「現世の苦しみや悲しみから解脱したような曲」である「モーツァルト・ピアノ協奏曲27番」、作曲家の死を物語る突然の沈黙が訪れる「バッハ・フーガの技法」など。なお、最初に挙げた「最も偉大な曲」はベートーヴェンのピアノソナタ32番です。音楽の最高峰の真髄を、本書の解説で是非味わってみてください。

著者紹介

百田 尚樹(ヒャクタ ナオキ)1956年大阪生まれ。同志社大学中退。人気番組「探偵!ナイトスクープ」のメイン構成作家となる。2006年『永遠の0』(太田出版)で小説家デビュー。2009年講談社で文庫化され、累計500万部を突破。2013年映画化される。同年『海賊とよばれた男』(講談社単行本2012年、文庫2014年)で本屋大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です