ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 文芸

ジュリエットのいない夜

鴻上尚史/著
集英社
本体 1400円 +税
出版年月 2017年4月
ISBN 978-4-08-771108-0

出版社・メーカーからのコメント

世界一有名なカップル〈ロミオとジュリエット〉が現代を舞台に甦る! 人生の達人・鴻上尚史が描く、ロミオになるはずだった男たち、ジュリエットになれなかった女たちの苦悩と悲哀、嫉妬と破滅。

著者紹介

鴻上 尚史(コウカミ ショウジ)1958年、愛媛県生まれ。早稲田大学法学部卒業。在学中に劇団「第三舞台」を結成。以降、作・演出を手掛ける。1987年「朝日のような夕日をつれて」で紀伊國屋演劇賞、1992年「天使は瞳を閉じて」でゴールデン・アロー賞、1995年「スナフキンの手紙」で岸田國士戯曲賞、2010年「グローブ・ジャングル」で読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞する。日本劇作家協会会長。現在は「KOKAMI@network」と「虚構の劇団」を主宰し活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です