ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 医学

ニューロメカニクス 身体運動の科学的基盤

ロジャー・M・エノーカ/著 鈴木秀次/総監訳 関口浩文/監訳 井上恒/監訳 小川哲也/監訳 植松梓/監訳 小林裕央/監訳
西村書店東京出版編集部
本体 5500円 +税
出版年月 2017年2月
ISBN 978-4-89013-470-0

著者紹介

エノーカ,ロジャー・M.(エノーカ,ロジャーM.)コロラド大学ボルダー校教養学部統合生理学部門、およびコロラド大学デンバー校医学部(老年医学)神経学部門の教授。運動神経生理学研究室室長も務める。クリーブランド・クリニック財団の生物医工学部門でバイオメカニクスの研究者として、またアリゾナ大学で生理学部の教授として勤務していた。アメリカスポーツ医学会、アメリカ生理学会、国際バイオメカニスク学会、アメリカ神経科学学会の会員である。また、アメリカバイオメカニクス学会の現会員であり、過去に学会長を務めている

鈴木 秀次(スズキ シュウジ)早稲田大学人間科学学術院教授。早稲田大学教育学部卒業。1975年ワシントン大学大学院修士課程修了。杏林大学医学部生理学教室講師、早稲田大学人間科学部講師、助教授を経て1996年4月より教授。医学博士(千葉大学)。日本生理学会、日本体力医学会、日本神経科学学会、国際電気生理運動学会、アメリカポーツ医学会等会員

関口 浩文(セキグチ ヒロフミ)上武大学ビジネス情報学部スポーツ健康マネジメント学科准教授

井上 恒(イノウエ コウ)香川大学工学部助教

小川 哲也(オガワ テツヤ)東京大学大学院総合文化研究科生命環境科学系助教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です