ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

著者紹介

阿刀田 高(アトウダ タカシ)1935年、東京生れ。早稲田大学文学部卒。78年『冷蔵庫より愛をこめて』でデビュー。79年「来訪者」で日本推理作家協会賞、短編集『ナポレオン狂』で直木賞、95年『新トロイア物語』で吉川英治文学賞を受賞

あさの あつこ(アサノ アツコ)1954年、岡山県生れ。大学在学中から児童文学を書き始め、『ほたる館物語』で作家デビュー。『バッテリー』およびその続編で、97年に野間児童文芸賞、99年に日本児童文学者協会賞、2005年に小学館児童出版文化賞を受賞。11年『たまゆら』で島清恋愛文学賞を受賞

西 加奈子(ニシ カナコ)1977年、イラン・テヘラン生れ。エジプトのカイロ、大阪で育つ。関西大学法学部卒業後、2004年に『あおい』でデビュー。05年、『さくら』がベストセラーに。07年『通天閣』で織田作之助賞、13年『ふくわらい』で河合隼雄物語賞、15年『サラバ!』で直木賞を受賞

荻原 浩(オギワラ ヒロシ)1956年、埼玉県生れ。成城大学経済学部卒。広告制作会社勤務を経て、フリーのコピーライターに。97年『オロロ畑でつかまえて』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。2005年『明日の記憶』で山本周五郎賞を、16年『海の見える理髪店』で直木賞を受賞

北村 薫(キタムラ カオル)1949年、埼玉県生れ。早稲田大学ではミステリ・クラブに所属。母校埼玉県立春日部高校で国語を教えるかたわら、89年、「覆面作家」として『空飛ぶ馬』でデビュー。91年『夜の蝉』で日本推理作家協会賞、2009年『鷺と雪』で直木賞を受賞。16年日本ミステリー文学大賞受賞

谷村 志穂(タニムラ シホ)1962年、札幌市生れ。北海道大学農学部で動物生態学を専攻。90年、ノンフィクション『結婚しないかもしれない症候群』で、女性を中心に大きな支持を集める。91年、『アクアリウムの鯨』を発表し、小説家としてデビュー。2003年、『海猫』で、島清恋愛文学賞を受賞

野中 柊(ノナカ ヒイラギ)1964年生れ。立教大学卒業。ニューヨーク州在住中の91年「ヨモギ・アイス」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー

道尾 秀介(ミチオ シュウスケ)1975年、東京都出身。2004年『背の眼』でホラーサスペンス大賞特別賞を受賞しデビュー。07年『シャドウ』で本格ミステリ大賞、09年『カラスの親指』で日本推理作家協会賞、10年『龍神の雨』で大藪賞、『光媒の花』で山本賞、11年『月と蟹』で直木賞を受賞

小池 真理子(コイケ マリコ)1952年、東京生れ。成蹊大学文学部卒業。96年に『恋』で直木賞、98年に『欲望』で島清恋愛文学賞、2006年『虹の彼方』で柴田錬三郎賞、12年に『無花果の森』で芸術選奨文部科学大臣賞、13年『沈黙のひと』で吉川英治文学賞を受賞

小路 幸也(ショウジ ユキヤ)1961年、北海道旭川市生れ。札幌の広告製作会社に勤務後、2003年、『空を見上げる古い歌を口ずさむ pulp-town fiction』でメフィスト賞を受賞。退社後執筆活動へ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です