ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

出版社・メーカーからのコメント

ジャンルを越え、小説の面白さをとことんまで追求した画期的アンソロジー。第17回配本となる第9巻『個人と国家』は、「祖国とは何か?」「個人の自由とは?」といった、今この時代にこそ問いかけるべきテーマを、戦争文学のみならず、幅広いジャンルから選りすぐった傑作全12編収録。●編集委員/逢坂剛 大沢在昌 北方謙三 船戸与一 夢枕獏 [編集室から] この巻には、困った。どうしても「戦争」に関わらないと、このテーマの作品選定は苦しい。ところが弊社には、「戦争と文学」という85周年記念企画があり、予測されたとおり、野坂昭如「火垂るの墓」と結城昌治「従軍免脱」の2作品が、「戦争と文学」とかぶってしまった。誰が選んでも傑作は傑作、ということであろうか。編集委員の方々と相談して作品を変更した。他の巻では武田泰淳「ひかりごけ」がかぶった。憮然たる想いである。[収録作] 【長編】 伴野朗「三十三時間」 胡桃沢耕史「ぼくの小さな祖国」 【短編】 野坂昭如「捕虜と女の子」 結城昌治「司令官逃避」 城山三郎「草原の敵」 筒井康隆「関節話法」 西木正明「ケープタウンから来た手紙」 大沢在昌「ダックのルール」 【掌編】 渡辺温「兵隊の死」 吉行淳之介「鮭ぞうすい製造法」 五木寛之「カーセックスの怪」 かんべむさし「弾丸」 ◇解説/北方謙三 解題/北上次郎

ここからフッター情報です