ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 社会

沖縄と海兵隊 駐留の歴史的展開

屋良朝博/著 川名晋史/著 齊藤孝祐/著 野添文彬/著 山本章子/著
旬報社
本体 2700円 +税
出版年月 2016年6月
ISBN 978-4-8451-1464-1

著者紹介

屋良 朝博(ヤラ トモヒロ)1962年沖縄県生まれ。フィリピン大学経済学部卒業。沖縄タイムス入社後、ハワイ東西センター客員研究員、論説委員を歴任。現在、沖縄国際大学非常勤講師

川名 晋史(カワナ シンジ)1979年北海道生まれ。青山学院大学大学院国際政治経済学研究科国際政治学専攻博士後期課程修了。博士(国際政治学)。(財)平和・安全保障研究所客員研究員。著書に、『基地の政治学―戦後米国の海外基地拡大政策の起源』(白桃書房、2012年、国際安全保障学会最優秀出版奨励賞受賞)

齊藤 孝祐(サイトウ コウスケ)1980年千葉県生まれ。筑波大学大学院人文社会科学研究科国際政治経済学専攻一貫制博士課程修了。博士(国際政治経済学)。横浜国立大学特任講師

野添 文彬(ノゾエ フミアキ)1984年滋賀県生まれ。一橋大学大学院法学研究科博士課程修了。博士(法学)。沖縄国際大学法学部地域行政学科准教授

山本 章子(ヤマモト アキコ)1979年北海道生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。博士(社会学)。第一法規編集者を経て、現在、沖縄国際大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です