ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

出版社・メーカーからのコメント

ジャンルを越え、小説の面白さをとことんまで追求した画期的アンソロジー。第7巻「牙が閃く時」は、西村寿行の動物パニック小説の名作「滅びの笛」を中心に、心あたたまる友情から戦慄を禁じ得ない極限の対決まで、幅広い分野にわたる動物小説の傑作16編を網羅! ●編集委員/逢坂剛 大沢在昌 北方謙三 船戸与一 夢枕獏 [編集室から] 動物小説の巻である。一貫して「動物」にこだわり続けた作家は戸川幸夫と椋鳩十の二人くらいか。ここにパニック小説にくくられていた「滅びの笛」を投入させていただいた。西村寿行は常に変わり続けた作家であり、どの作品を選ぶか最も悩んだ作家の一人である。編集委員の方々に解説の希望巻をつのったところ、全員がこの巻を挙げられたことを是非申し添えておきたい。[収録作] 【長編】 西村寿行「滅びの笛」 【短編】 宮沢賢治「猫の事務所」 岡本綺堂「虎」 椋鳩十「片耳の大シカ」 新田次郎「おとし穴」 戸川幸夫「咬ませ犬」 宇能鴻一郎「鯨神」 豊田有恒「火星で最後の……」 藤原審爾「狼よ、はなやかに翔べ」 井上ひさし「冷し馬」 中島らも「クロウリング・キング・スネイク」 【掌編】 広津和郎「狸」 嵐山光三郎「岡野の蛙」 北杜夫「推奨株」 川田弥一郎「青い軌跡」 星新一「不満」

ここからフッター情報です