ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

出版社・メーカーからのコメント

ジャンルを越え、小説の面白さをとことんまで追求した画期的アンソロジー。第6回配本、第12巻『法の代行者』は、人気作家、逢坂剛・大沢在昌の代表作2長編を中心とした、警察小説の傑作、全9編を収録! ●編集委員/逢坂剛 大沢在昌 北方謙三 船戸与一 夢枕獏 [編集室から] この巻は警察小説が中心である。とはいえ、なにも法律を代行するのが警察官だけでいいはずもない。裁判官、検事、岡っ引き、弁護士、死刑執行人、といろいろな職種の主人公を並べるつもりであったが、力およばず、やはり警察官が多くなってしまった。警官ものに傑作が多いのだから、これは仕方がないのである。21世紀の作家だと思っていた横山作品に20世紀のものがあったのは、僥倖というしかない。【長編】 逢坂剛「百舌の叫ぶ夜」 大沢在昌「毒猿 新宿鮫II」 【短編】 宮部みゆき「八月の雪」 横山秀夫「黒い線」 【掌編】 谷川俊太郎「探偵電子計算機」 結城昌治「おまわりなんか知るもんかい」 阿刀田高「時間外労働」 景山民夫「ご町内諜報戦」 嵐山光三郎「上様」

著者紹介

谷川 俊太郎(タニカワ シュンタロウ)1931年東京生れ。都立豊多摩高校卒。詩人。若くして詩作を始め、52年に初の詩集「二十億光年の孤独」を刊行。並行して、作詞、脚本、エッセイ、評論など多岐にわたって活動する。83年「日々の地図」で読売文学賞を、85年「よしなしうた」で現代詩花椿賞を、93年「世間知ラズ」で萩原朔太郎賞を、2006年「シャガールと木の葉」「谷川俊太郎詩選集」全三巻で毎日芸術賞を、10年「トロムソコラージュ」で鮎川信夫賞をそれぞれ受賞

結城 昌治(ユウキ ショウジ)1927年東京生れ。96年没。早稲田専門学校卒業後、東京地方検察庁に就職。59年「エラリイ・クイーンズ・ミステリ・マガジン」の短編コンテストに「寒中水泳」が入選してデビュー。64年「夜の終る時」で日本推理作家協会賞を、70年「軍旗はためく下に」で直木賞を、85年「終着駅」で吉川英治賞をそれぞれ受賞

阿刀田 高(アトウダ タカシ)1935年東京生れ。早稲田大学卒。国会図書館に勤務するかたわら、78年「冷蔵庫より愛をこめて」でデビュー。79年「来訪者」で日本推理作家協会賞短編部門を、同年短編集「ナポレオン狂」で直木賞を、95年「新トロイア物語」で吉川英治賞をそれぞれ受賞。2003年紫綬褒章、09年旭日中綬章を受章

景山 民夫(カゲヤマ タミオ)1947年東京生れ。98年没。武蔵野美術大学中退。放送作家を経て作家、エッセイストに。86年「ONE FINE MESS 世間はスラップスティック」で講談社エッセイ賞を、87年「虎口からの脱出」で吉川英治文学新人賞を、88年「遠い海から来たCOO」で直木賞をそれぞれ受賞

嵐山 光三郎(アラシヤマ コウザブロウ)1942年浜松市生れ。国学院大学卒。平凡社に入社し「太陽」などの編集長を務める。81年独立して青人社を設立、編集者、作家、エッセイストとして活躍。88年「素人庖丁記」で講談社エッセイ賞を、2000年「芭蕉の誘惑」でJTB紀行文学大賞を、「悪党芭蕉」では06年泉鏡花賞、07年読売文学賞をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です