ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

本の内容

ジャンルを越え、小説の面白さをとことんまで追求した画期的アンソロジー。間に合うか? 時間こそが最大の敵! 第4回配本、第20巻『疾走する刻』は、刻々と迫る時間との闘いに挑む主人公たちの物語、9編!

出版社・メーカーからのコメント

ジャンルを越え、小説の面白さをとことんまで追求した画期的アンソロジー。間に合うか? 時間こそが最大の敵! 第4回配本、第20巻『疾走する刻』は、刻々と迫る時間との闘いに挑む主人公たちの物語、9編! ●編集委員/逢坂剛 大沢在昌 北方謙三 船戸与一 夢枕獏 [編集室から] 「冒険の森へ」では、長編36編については、ゆるやかなクロニクルを形成させたつもりだ。福井長編は2000年8月刊であり、かろうじて20世紀に間に合った。それにしても、馬に乗って疾走する作品がないのはなぜか。ロケットが宇宙空間を駆ける作品もない。ないはずはないのだが、時すでに遅し。あ、疾走といえば「走れメロス」を忘れていたぞ。邪悪に敏感なメロスは、暴虐無謀なるこの「冒険の森へ」に激怒しているはずだ。[収録作] 【長編】 宮部みゆき「スナーク狩り」 福井晴敏「川の深さは」 【短編】 海音寺潮五郎「男一代の記」 佐々木譲「鉄騎兵、跳んだ」 【掌編】 眉村卓「走る」 景山民夫「ポルシェが来た」 中島らも「自転車行」 船戸与一「深夜ドライブ」 北方謙三「高速道路」

ここからフッター情報です