ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • コンピュータ

ITストラテジスト合格論文の書き方・事例集

岡山昌二/監修・著 落合和雄/著 樺沢祐二/著 庄司敏浩/著 鈴木久/著 満川一彦/著 アイテックIT人材教育研究部/編著
アイテック
本体 3000円 +税
出版年月 2015年6月
ISBN 978-4-86575-019-5

※予約受付中もしくはご注文できない商品です

読書メーター 感想・レビューページへ

出版社・メーカーからのコメント

"午後Ⅱ試験の論文を突破したいと切に願う方。字は汚いけれど,今度こそ合格したい!と意気込む方。必ず納得していただけます。文章に自信がないという方,小学校で作文を書いてから長い文なんて書いていないという方にも,丁寧に文章の書き方を説明していきます。試験問題やオリジナル問題を使って,時間内に論文を構成して,合格レベルに仕上げるにはどうすればいいのか。一つ一つ確認しながら進めていきます。巻末ワークシートを使いながら,実践形式で,論文に対する恐怖感を払拭していきます。まずは,鉛筆をもって書いてみましょう。第2部には専門家による論文が36本も掲載されています。合格できる論文とはどういうものなのか,しっかり把握してください。"

著者紹介

岡山 昌二(オカヤマ ショウジ)外資系製造業の情報システム部門に勤務の後、1999年から主に小論文がある情報処理試験対策の講師、試験対策書籍の執筆を本格的に開始する。システムアーキテクト、ITサービスマネージャ、プロジェクトマネージャ、ITストラテジスト試験の対策の講義とともに、コンサルティングを行いながら、(株)アイテックが出版しているシステムアーキテクト試験の「専門知識+午後問題」の重点対策、本試験問題集、予想問題集を執筆。システム運用管理技術者、アプリケーションエンジニア、プロジェクトマネージャ、ITストラテジスト、システム監査技術者、元EDP監査人協会(現ISACA)東京支部広報・出版担当理事

落合 和雄(オチアイ カズオ)コンピュータメーカ、SIベンダでITコンサルティング等に従事後、経営コンサルタントとして独立。経営計画立案、企業再建等の経営指導、プロジェクトマネジメント、システム監査等のIT関係を中心に、コンサルティング・講演・執筆等、幅広い活動を展開。情報処理試験、PMP、ITコーディネータ試験などについても、豊富な経験に基づく受験指導を行う。中小企業診断士、税理士、ITコーディネータとしても活躍中

樺沢 祐二(カバサワ ユウジ)防衛関係、官公庁系SIシステム、組込み系システムのソフトウェア開発業務に従事し、その後、プライバシーマーク審査の仕事に従事した。システムアナリスト、プロジェクトマネージャ、システム監査技術者、上級システムアドミニストレータ、情報セキュリティアドミニストレータ、テクニカルエンジニア(ネットワーク)、同(エンベデッドシステム)、同(システム管理)等を保有する。プライバシーマーク審査時は、ISMS審査員補及びプライバシーマーク審査員資格等を保有していた

庄司 敏浩(ショウジ トシヒロ)横浜国立大学経営学部卒。日本アイ・ビー・エム(株)にてSE、PMを経て、2001年からITコーディネータとして独立。中小企業のIT活用、ビジネスアナリシス、情報セキュリティマネジメント、プロジェクトマネジメントのコンサルティングを行うとともに、情報処理技術者教育に携わる

鈴木 久(スズキ ヒサシ)1963年静岡県生まれ。専門分野は応用統計学、オペレーションズリサーチ、コンピュータ科学(工学部出身)。国内大手・外資系電機メーカに勤務、生産管理、品質管理、マーケティング、商品開発、情報システムの業務に携わり、利用部門の立場で業務とシステム化のかかわりに従事。独立後、システムの企画段階のコンサルティングや分析業務を手掛けるかたわら、情報処理技術者試験の論文対策指導を長年行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

※予約受付中もしくはご注文できない商品です

ここからフッター情報です