ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 文庫

書くインタビュー 1

佐藤正午/著 伊藤ことこ/聞き手 東根ユミ/聞き手
小学館
本体 540円 +税
出版年月 2015年6月
ISBN 978-4-09-406171-0

出版社・メーカーからのコメント

小説巧者に訊く前代未聞のインタビュー読本「これは、直接会って言葉をやりとりするのではなくて、メールを用いたインタビューです。いっぱんの対面式のインタビューを『喋るインタビュー』だとすると、今回やろうとしているのは『書くインタビュー』です。いままでどおりに質問しようとしても、なかなかそうはいかない。こちらもいままでどおりに答えようとしても、そうはいかない。質問も回答も手間をかけて文章にしなければならないからです」(本文より抜粋) 小説巧者として知られる作家・佐藤正午さんはいかにして作品を“つくって”いるのか――そんな疑問を直接ぶつけるインタビューが、前代未聞の形式で実現。面とむかって話す機会はおろか事前の打ち合わせもいっさい無し、メールのやりとりのみの「書くインタビュー」はスタートしましたが……。「はっきりさせておきます。なにがなんでも答えたい質問などこちらにはありません。僕はべつに誰かの質問に答えたくてうずうずしているわけではないのです」 まさかの聞き手交代劇にはじまり作家秘書の口述筆記も! のちにNHKでドラマ化される『身の上話』上梓直前の2009年6月から、『鳩の撃退法』の執筆準備に入る2010年12月までの質疑応答(?)を収録した第1巻。

著者紹介

佐藤 正午(サトウ ショウゴ)1955年長崎県生まれ。長編小説『ジャンプ』が「本の雑誌」2000年度ベスト1、『Y』が「おすすめ文庫王国」第1位、『身の上話』が「ダカーポ最高の本!2010」国内ミステリ第1位に選出される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です