ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 生活

いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜだかおしゃれに見える

山本あきこ/著
ダイヤモンド社
本体 1500円 +税
出版年月 2015年4月
ISBN 978-4-478-06581-5

出版社・メーカーからのコメント

「シンプルでプレーンな服」をどれだけ持っているかでおしゃれは決まる!
予約の取れないスタイリスト、初の一冊!!

あなたのクローゼットには、「普通の形」の服がどのくらいありますか?
実はコーディネートは、「フリルやレースなどのついてない、形の変わっていないもの」で組み合わせるのがうまくいきます。考えてみれば当たり前なのですが、やはり組み合わせやすいのはシンプルなもの同士なのです。
ジャストサイズを、ジャストウエストで着るのがいちばんおしゃれになれる近道です。そして、バッグや靴、アクセサリーで味つけするのが、「大人のおしゃれ」の秘訣。おしゃれの法則を知って、今すぐ変身しましょう!

【本文より抜粋】
・フリルやミニより、ネイビーのとろみブラウスが色気を放つ
・バッグは持てば持つほどおしゃれ
・アニマル柄は顔から離して使うこと
・鎖骨×ピアスで虜にする
・どんなに高いヒールでも平気な裏ワザ
・チェックシャツは、腰に巻いたり肩にかけたりして「差し色」として使う
・デニムは「きれいめ」のためのアイテムだと心得る 
・細身のペンシルスカートは、カジュアルに着ると色気が出る 

著者紹介

山本 あきこ(ヤマモト アキコ)スタイリスト。1978年生まれ。女性誌や広告など多くのスタイリングを手がけるかたわら、毎月個人向けのパーソナルスタイリングも行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です