ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 文芸

しるしなきもの

真藤順丈/著
幻冬舎
本体 1600円 +税
出版年月 2015年1月
ISBN 978-4-344-02710-7

出版社・メーカーからのコメント

<ぼくの母さんが弔われるその日に、ぼくの父さんは祝言をあげた。/だからぼくは、婚礼の義を冒涜することにした。>日本一のヤクザ組織の長・早田征城。その愛人の息子・桂介は、外部組織でビジネスを担当していたが、組に入ることを決意する。母を捨てた征城を抹殺し、早田組を壊滅させるためだ。裏切り者であること、男でも女でもない「真性半陰陽」であること。二重の秘密を抱えながらも、桂介は着々とのし上がっていく。だが――。

著者紹介

真藤 順丈(シンドウ ジュンジョウ)1977年東京都生まれ。2008年『地図男』で第3回ダ・ヴィンチ文学賞大賞、『庵堂三兄弟の聖職』で第15回日本ホラー小説大賞など、文学賞4賞を受賞し、注目を集める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です