ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 新書・選書

運動前のストレッチはやめなさい カラダを痛めず硬さをほぐす効果倍増メソッド

中野ジェームズ修一/著
SBクリエイティブ
本体 730円 +税
出版年月 2014年7月
ISBN 978-4-7973-7625-8

※予約受付中もしくはご注文できない商品です

Honya Club で注文

出版社・メーカーからのコメント

ストレッチは9割の人が間違っている! よかれと思ってやっているストレッチ、じつは逆効果かも!? ストレッチはカラダにいい。凝りを解消し、ケガを防ぎ、疲労除去の効果もある。疲れも、凝りも、重いカラダも、ストレッチでジワ~っとほぐして伸ばしてサッパリ。しかし、そのやり方を間違えている人がとても多い。良かれと思ってやっているストレッチが、じつは逆効果になってしまうケースも多いのだ。たとえば運動前のストレッチ。カラダが温まっていない状態でのストレッチは筋繊維を傷つけるだけでなく、運動のパフォーマンスも低下させてしまう。また、肩凝りを解消しようと、肩ばかり伸ばしたり回したりしても良くない。体側や胸、腕など周辺もストレッチすることで、サクッと良くなったりする。ほかにも、女性に多く見られる骨盤の歪みや、猫背などの不良姿勢、不良姿勢が原因の腰痛。どこか一部分の筋肉が柔軟性に欠けるとか、姿勢が崩れてしまうと、それをカバーするためにどこかが無理を強いられるために発生してしまう。ヒトのカラダはボディスーツを着ているみたいに全部つながっているので、カラダ全体の仕組みをとらえたストレッチが求められるのだ。本書ではまず、多くの人が間違っているストレッチ法について解説。そして一番効果が高まるストレッチ法について、イラストとWeb上の動画と共に、わかりやすく解説する。

著者紹介

中野 ジェームズ修一(ナカノ ジェームズシュウイチ)1971年生まれ。フィジカルとメンタルの両面を指導できる日本では数少ないスポーツトレーナー。アメリカスポーツ医学会認定ヘルスフィットネススペシャリスト、早稲田大学エクステンションセンター講師、アディダス契約アドバイザリーなどとしても活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

※予約受付中もしくはご注文できない商品です

Honya Club で注文

ここからフッター情報です