ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 文芸

きみのために棘を生やすの

窪美澄/著 千早茜/著 彩瀬まる/著 花房観音/著 宮木あや子/著
河出書房新社
本体 1500円 +税
出版年月 2014年6月
ISBN 978-4-309-02296-3

※予約受付中もしくはご注文できない商品です

Honya Club で注文
読書メーター 感想・レビューページへ

本の内容

あのひとがほしい――。彩瀬まる、窪美澄、千早茜、花房観音、宮木あや子が、「略奪愛」をテーマに紡いだ書き下ろし恋愛官能小説集。

著者紹介

窪 美澄(クボ ミスミ)1965年東京都稲城市生。短大中退後、広告制作会社、フリーの編集ライターを経て、09年「ミクマリ」で女による女のためのR‐18文学賞大賞を受賞しデビュー。11年、受賞作所収の『ふがいない僕は空を見た』で山本周五郎賞、本屋大賞第2位。12年『晴天の迷いクジラ』で山田風太郎賞

千早 茜(チハヤ アカネ)1979年北海道生。立命館大学卒業。幼少期をザンビアで過ごす。08年『魚神』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。09年、同作にて泉鏡花文学賞。13年『あとかた』で島清恋愛文学賞

彩瀬 まる(アヤセ マル)1986年千葉県千葉市生。上智大学卒業後、小売会社勤務を経て、10年「花に眩む」で女による女のためのR‐18文学賞読者賞を受賞しデビュー

花房 観音(ハナブサ カンノン)兵庫県生。現役バスガイド。映画会社、旅行会社、AV情報誌での執筆など様々な職を経て2010年『花祀り』で第1回団鬼六賞大賞を受賞しデビュー

宮木 あや子(ミヤギ アヤコ)1976年神奈川県生。06年『花宵道中』で女による女のためのR‐18文学賞の大賞と読者賞を同時受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

※予約受付中もしくはご注文できない商品です

Honya Club で注文
読書メーター 感想・レビューページへ

ここからフッター情報です