ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 文庫

ほっこりミステリー

伊坂幸太郎/著 中山七里/著 柚月裕子/著 吉川英梨/著
宝島社
本体 590円 +税
出版年月 2014年3月
ISBN 978-4-8002-2339-5

出版社・メーカーからのコメント

心がじんわり温まる、“人の死なない”物語 本屋大賞、山本周五郎賞、大藪春彦賞、『このミステリーがすごい!』大賞、日本ラブストーリー大賞など話題の文学賞受賞作家が集結!! 亭主関白の真逆を体現する男・兜。息子も恐妻も知らない、彼の本当の職業は…殺し屋!? (「BEE」/伊坂幸太郎)。故郷の自然と思い出を守りたい。そんな夏美の前に現れた、不思議な男。彼の正体は…?(「二百十日の風」/中山七里)。大人気、佐方検事シリーズ。相次ぐ郵便事故に目を留めた佐方は、ありえない秘策で事件を解決する!? (「心を掬う」/柚月裕子)。今回の名探偵は…著者人気シリーズ「アゲハ」から飛び出した、ハラマキ捜査官の愛娘・菜月(8歳)!(「18番テーブルの幽霊」/吉川英梨)。大人気作家による“人の死なない”ミステリー。心にしみる、とっておきのアンソロジー。

著者紹介

伊坂 幸太郎(イサカ コウタロウ)1971年、千葉県生まれ。2000年に第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、『オーデュボンの祈り』(新潮文庫)にてデビュー。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』(創元推理文庫)で第25回吉川英治文学新人賞を、「死神の精度」(オール讀物)で第57回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。2008年には『ゴールデンスランバー』(新潮文庫)で第5回本屋大賞と第21回山本周五郎賞を受賞した

中山 七里(ナカヤマ シチリ)1961年、岐阜県生まれ。現在会社員。第8回『このミステリーがすごい!』大賞で大賞を受賞、2010年に『さよならドビュッシー』にてデビュー

柚月 裕子(ユズキ ユウコ)1968年、岩手県生まれ。第7回『このミステリーがすごい!』大賞で大賞を受賞。2009年『臨床真理』にてデビュー。『検事の本懐』(宝島社文庫)で第25回山本周五郎賞にノミネート、第15回大藪春彦賞を受賞

吉川 英梨(ヨシカワ エリ)1977年、埼玉県生まれ。第3回日本ラブストーリー大賞エンタテインメント特別賞を受賞、2008年に『私の結婚に関する予言38』にてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です