ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 文芸

首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎/著
新潮社
本体 1500円 +税
出版年月 2014年1月
ISBN 978-4-10-459606-5

本の内容

豪速球から消える魔球まで出し惜しみなく投じられた「ネタ」たち。技巧と趣向が融合した七編を収める贅沢すぎる連作集。黒澤も登場。

出版社・メーカーからのコメント

首折り男は首を折り、黒澤は物を盗み、小説家は物語を紡ぎ、あなたはこの本を貪り読む。

胸元えぐる豪速球から消える魔球まで、出し惜しみなく投じられた「ネタ」の数々! 「首折り男」に驚嘆し、「恋」に惑って「怪談」に震え「合コン」では泣き笑い。黒澤を「悪意」が襲い、「クワガタ」は覗き見され、父は子のため「復讐者」になる。技巧と趣向が奇跡的に融合した七つの物語を収める、贅沢すぎる連作集。

著者紹介

伊坂 幸太郎(イサカ コウタロウ)1971年千葉県生れ。東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』(新潮社)で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、デビュー。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』(東京創元社)で第25回吉川英治文学新人賞、「死神の精度」(オール讀物)で第57回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。2008年『ゴールデンスランバー』(新潮社)で第5回本屋大賞と第21回山本周五郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です