ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • エンターテイメント

別れの何が悲しいのですかと、三國連太郎は言った

宇都宮直子/著
中央公論新社
本体 1400円 +税
出版年月 2013年10月
ISBN 978-4-12-004554-7

※予約受付中もしくはご注文できない商品です

Honya Club で注文
読書メーター 感想・レビューページへ

本の内容

4月に逝去した三國連太郎氏。プライベートで20年の親交がある著者が、稀代の俳優の知られざる素顔を綴るエッセイ集。

著者紹介

宇都宮 直子(ウツノミヤ ナオコ)ノンフィクション作家。医療、人物、動物、スポーツなどに関するノンフィクションやエッセイを、雑誌、新聞に発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

※予約受付中もしくはご注文できない商品です

Honya Club で注文
読書メーター 感想・レビューページへ

ここからフッター情報です