ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

著者紹介

エミル,ニーデルハウゼル(エミル,ニーデルハウゼル)1923年、チェコスロヴァキア第一共和国時代のブラチスラヴァで生まれる。歴史家でハンガリー科学アカデミー会員、ブダペシュト大学名誉教授、ハンガリー科学アカデミー歴史学研究所学術顧問であり、東欧史研究において世界的に有名な泰斗である。16の言語を操る語学力を基礎に、主に東欧ロシア地域を対象にして、幅広い視点から歴史を論じた。2010年3月26日、永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です