ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 新書・選書

森の力 植物生態学者の理論と実践

宮脇昭/著
講談社
本体 740円 +税
出版年月 2013年4月
ISBN 978-4-06-288204-0

出版社・メーカーからのコメント

現場での調査・研究に没頭した日々から、日本一木を植えた男へ。今も植樹のため世界中を駆ける老学者が生命と人間社会の営みを語る。「お前はまだ人の話を聞くな。誰かが話したことの又聞きかもしれないぞ。お前はまだ本を読むな。そこに書いてあることは、誰かが書いたやつの引き写しかもしれないぞ。話はいつでも聞けるし、本はいつでも読める。大事なことは、部分的あるいは結論めいた話や本にあるのではない」「見たまえ、この大地を。見たまえ、この自然を。ホンモノのいのちのドラマが目の前で展開しているではないか」「お前はまず現場に出て、自分の体を測定器にすればいいのだ。現場で、目で見、匂いを嗅ぎ、舐めて、触って、調べろ」夜行を乗り継ぎ、現場調査に明け暮れた若き日々、「見えないものを見る力」を学んだドイツ留学時代、徹底的な調査研究で、日本の森の真実を知った10年間、そして、自らの理論を基に、いのちを守るふるさとの森づくりへ。日本一木を植えている科学者の理論と実践を知る決定版。

著者紹介

宮脇 昭(ミヤワキ アキラ)1928年岡山県生まれ。植物生態学者。広島文理科大学生物学科卒業、ドイツ国立植生図研究所研究員となる。横浜国立大学教授、国際生態学会会長などを経て横浜国立大学名誉教授、公益財団法人地球環境戦略研究機関国際生態学センター長。1970年代はじめからいまにいたるまで世界各国で植樹を推進する。1991年朝日賞、92年紫綬褒章、2000年勲二等瑞宝章、06年ブループラネット賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です