ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 文芸

血統(ペディグリー)

門井慶喜/著
文藝春秋
本体 1571円 +税
出版年月 2010年6月
ISBN 978-4-16-329250-2

※予約受付中もしくはご注文できない商品です

Honya Club で注文
読書メーター 感想・レビューページへ

本の内容

ペットの肖像画描きに身をやつす日本画家の3代目・時島は純白のダルメシアンを開発する事業へ出資する。そこには思わぬ陥穽が…。

出版社・メーカーからのコメント

祖父、父ともに著名な日本画家で、自らも日本画を志した時島一雅は、血筋へのプレッシャーから道をはずれ、ペットの肖像画を描く仕事で糊口をしのいでいる。ある時、純白のダルメシアンの新種犬を開発中という「自称ブリーダー」森宮利樹と知り合い、森宮の事業へ出資することにした一雅だが、そこには大きな陥穽が待ちうけていた。動物パニック小説でもあり、血統の呪縛を描いた芸術小説でもある、新鋭の意欲作です。

著者紹介

門井 慶喜(カドイ ヨシノブ)昭和46(1971)年、群馬県生まれ。同志社大学文学部卒業。平成15(2003)年、「キッドナッパーズ」で第四十二回オール讀物推理小説新人賞を受賞。18年に『天才たちの値段』で単行本デビューを果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

※予約受付中もしくはご注文できない商品です

Honya Club で注文
読書メーター 感想・レビューページへ

ここからフッター情報です