ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 社会

フランスから見る日本ジェンダー史 権力と女性表象の日仏比較

棚沢直子/編 中嶋公子/編 フランソワーズ・コラン/〔ほか著〕
新曜社
本体 3200円 +税
出版年月 2007年5月
ISBN 978-4-7885-1041-8

出版社・メーカーからのコメント

戦前では天皇を「愛護する」アマテラスが至高の権力表象にされ、国民統合が「より早く」進んだように、戦後も経済戦争を勝ち抜くために「専業主婦」が再度理想化され、やがて「高学歴専業主婦」というフランスにない表象が女の生き方のモデルにされていく。現在のところ「男女共同参画」の推進下にあって、このモデルを実現できるのは、少数エリートの妻たちである。それでも国家政策から簡単に消えないのは、現在の経済的な世界化の中で日本が生きぬくのに必要だと政府が思っているからだ。このように、制度や法体系と実施される個々の国家政策との「ずれ」を見るには、女と表象や権力との関わりを日仏比較しながら分析するのが適当だろう。というわけで、私たちの日本についての最初の本は、権力と表象の主題をめぐっている。(「序文」より)

著者紹介

棚沢 直子(タナサワ ナオコ)東洋大学経済学部教授、日仏女性研究学会会員。専攻:フランス思想・日仏比較思想

中嶋 公子(ナカジマ サトコ)十文字学園女子大学非常勤講師、日仏女性研究学会事務局代表。専攻:ジェンダー論・日仏比較女性研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です