ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 文庫

江戸川乱歩賞全集 15

日本推理作家協会/編
講談社
本体 1190円 +税
出版年月 2003年9月
ISBN 978-4-06-273847-7

※予約受付中もしくはご注文できない商品です

読書メーター 感想・レビューページへ

出版社・メーカーからのコメント

「呪い」の村で起きた殺人と学園ミステリー岐阜県山中で起きた殺人と23年後に再び起きた殺人との接点を探る「天女の末裔」/青酸中毒で教師が死んだそして第二の殺人が発生。校内の犯人に迫る「放課後」

著者紹介

鳥井 架南子(トリイ カナコ)1953年、愛知県生まれ。南山大学修士課程修了、人類学専攻。’83年『トワイライト』で江戸川乱歩賞候補、翌年、『天女の末裔』で同賞受賞

東野 圭吾(ヒガシノ ケイゴ)1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆。’85年『放課後』で江戸川乱歩賞受賞、専業作家に。’99年『秘密』(文春文庫)で、第52回日本推理作家協会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

※予約受付中もしくはご注文できない商品です

ここからフッター情報です