ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • エンターテイメント

語学の脳みそ 11ヵ月で4ヵ国語をマスターした僕の語学のツボ

矢部太郎/著
ワニブックス
本体 1300円 +税
出版年月 2002年12月
ISBN 978-4-8470-1479-6

※予約受付中もしくはご注文できない商品です

Honya Club で注文
読書メーター 感想・レビューページへ

著者紹介

矢部 太郎(ヤベ タロウ)1977年生まれ、東京都出身。お笑いコンビ「カラテカ」の一人。日本テレビ『進ぬ!電波少年』内の企画「○○人を笑わしに行こう」シリーズ(2001年5月よりスタート)において、スワヒリ語・モンゴル語・韓国語・コイサンマン語を立て続けにマスターし、現地でお笑いライブを敢行して話題を呼んだ。2002年10月から放送されている『電波少年に毛が生えた~最後の聖戦』では、アフガニスタンやパレスチナ、インドネシアという危険な国々にまで飛び、さらにお茶の間を驚かせた。実は東京学芸大学欧米研究専攻という経歴を持つ、語学センスばつぐんの若手お笑い芸人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

※予約受付中もしくはご注文できない商品です

Honya Club で注文
読書メーター 感想・レビューページへ

ここからフッター情報です