ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

  • 文庫

いのちの器 医と老いと死をめぐって 新装版

日野原重明/著
PHP研究所
本体 514円 +税
出版年月 2002年7月
ISBN 978-4-569-57775-3

著者紹介

日野原 重明(ヒノハラ シゲアキ)1911年山口市生まれ。1937年京都帝大医学部卒業。1941年より聖路加国際病院勤務。内科医長、院長代理、院長を経て、現在聖路加国際病院理事長・同名誉院長、聖路加看護大学理事長・同名誉学長。半世紀以上にわたり一貫して、患者参加のヒューマンな医療を提唱、実践しつづける。1973年には「生涯を通して健康に」をスローガンに掲げた(財)ライフ・プランニング・センターを創設し、現在まで理事長をつとめる。また1993年9月には神奈川県平塚市郊外に、日本で最初の独立型ホスピスをつくる。1999年文化功労者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ここからフッター情報です