ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

文庫・新書ランキング

ランキング掲載の本は基本的に在庫ございます。e-honで「注文できません」「お取り寄せ」や「通常1週間~4週間で出荷します」の表示の場合は直接お近くの啓文堂書店にお問い合わせください。

2017年10月5日~10月11日

  • 1位

    サラバ 上巻

    西加奈子
    小学館
    本体610円 +税
    出版年月 2017年10月
    ISBN 978-4-09-406442-1

    累計百万部突破!第152回直木賞受賞作 僕はこの世界に左足から登場した――。 圷歩は、父の海外赴任先であるイランの病院で生を受けた。その後、父母、そして問題児の姉とともに、イラン革命のために帰国を余儀なくされた歩は、大阪での新生活を始める。幼稚園、小学校で周囲にすぐに溶け込めた歩と違って姉は「ご神木」と呼ばれ、孤立を深めていった。 そんな折り、父の新たな赴任先がエジプトに決まる。メイド付きの豪華なマンション住まい。初めてのピラミッド。日本人学校に通うことになった歩は、ある日、ヤコブというエジプト人の少年と出会うことになる。

  • 2位

    混乱

    上田秀人
    徳間書店
    本体650円 +税
    出版年月 2017年10月
    ISBN 978-4-19-894267-0

    激化する権力闘争に翻弄される禁裏付の東城鷹矢に頼れる味方が! 主導権を握るのは京か幕府か。大人気シリーズ、驚愕の第五巻!

  • 3位

    浅き夢みし

    佐伯泰英
    光文社
    本体600円 +税
    出版年月 2017年10月
    ISBN 978-4-334-77535-3

    晴れやかな行事の裏側で、「吉原五箇条遺文」を狙う何者かの手が、吉原にひたひたと迫っていた。

  • 4

    サラバ 中巻

    西加奈子
    小学館
    本体620円 +税
    出版年月 2017年10月
    ISBN 978-4-09-406443-8

    2015年本屋大賞2位!作家10周年作品 両親の離婚、そして帰国。母の実家のそばに住む母子三人は、次第にバラバラになっていった。 母は頻繁に恋人をつくり、サッカーに興じる歩は高校で同級生の須玖に影響を受けていく。姉は、近所に住む矢田のおばちゃんが宗教団体の教祖のように祀り上げられていくなか、次第にそこに出入りするようになった。 そして、阪神淡路大震災が起こった。それは歩の生活にも暗い影を落とし、逃げるように東京へ向かう。脳が蕩けるような学生生活を経て、歩はライターになった。だが、その先で、ある取材を依頼される。そこには変わり果てた姉が絡んでいた。

  • 5

    サラバ 下巻

    西加奈子
    小学館
    本体610円 +税
    出版年月 2017年10月
    ISBN 978-4-09-406444-5

    これは、あなたを魂ごと持っていく物語 姉・貴子は、矢田のおばちゃんの遺言を受け取り、海外放浪の旅に出る。一方、公私ともに順風満帆だった歩は、三十歳を過ぎ、あることを機に屈託を抱えていく。 そんな時、ある芸人の取材で、思わぬ人物と再会する。懐かしい人物との旧交を温めた歩は、彼の来し方を聞いた。 ある日放浪を続ける姉から一通のメールが届く。ついに帰国するという。しかもビッグニュースを伴って。歩と母の前に現れた姉は美しかった。反対に、歩にはよくないことが起こり続ける。大きなダメージを受けた歩だったが、衝動に駆られ、ある行動を起こすことになる。

  • 6

    ナミヤ雑貨店の奇蹟

    東野圭吾
    KADOKAWA
    本体740円 +税
    出版年月 2014年11月
    ISBN 978-4-04-101451-6

    悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。廃業しているはずの店内に、突然シャッターの郵便口から悩み相談の手紙が落ちてきた。時空を超えて過去から投函されたのか?3人は戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くが…。次第に明らかになる雑貨店の秘密と、ある児童養護施設との関係。悩める人々を救ってきた雑貨店は、最後に再び奇蹟を起こせるか!?

  • 7

    為吉 

    宇江佐真理
    実業之日本社
    本体620円 +税
    出版年月 2017年10月
    ISBN 978-4-408-55383-2

    為吉は幼いころ呉服屋の跡取り息子だったが、両親を押し込み強盗に殺されていた。その後、北町奉行所付きの中間となっていたが、両親を殺した盗賊集団の首領が捕まったとの知らせが届く。その首領の発したひと言は為吉の心に大きな波紋を広げて…。2015年に急逝した著者が遺した渾身作。執筆の経緯を綴った単行本未収録のエッセイを収録。

  • 8

    うめ婆行状記

    今野敏
    講談社
    本体660円 +税
    出版年月 2017年9月
    ISBN 978-4-06-293729-0

    3件の誘拐事件が続けて発生した!被害者たちはすぐに解放されたが、口々に「呪い」をかけられたと証言する。原因不明の頭痛を訴える被害者たち。共通点は同じ大学の関係者だが…。常識外の事件に、あの“ST”が動き出す!「呪い」とはなにか?犯人の目的は?大人気シリーズの新たな捜査が始まる。

  • 9

    銀翼のイカロス

    池井戸潤
    文藝春秋
    本体760円 +税
    出版年月 2017年9月
    ISBN 978-4-16-790917-8

    出向先から銀行に復帰した半沢直樹は、破綻寸前の巨大航空会社を担当することに。ところが政府主導の再建機関がつきつけてきたのは、何と500億円もの借金の棒引き!?とても飲めない無茶な話だが、なぜか銀行上層部も敵に回る。銀行内部の大きな闇に直面した半沢の運命やいかに?無敵の痛快エンタメ第4作。

  • 10

    マル暴甘糟

    今野敏
    実業之日本社
    本体694円 +税
    出版年月 2017年10月
    ISBN 978-4-10-128784-3

    甘糟達夫は「俺のこと、なめないでよね」が口ぐせのマル暴刑事だ。ある夜、多嘉原連合の構成員が撲殺されたという知らせが入る。コワモテの先輩・郡原虎蔵と捜査に加わる甘糟だが、いきなり組事務所に連行されて―!?警察小説史上、もっとも気弱な刑事の活躍に笑って泣ける“マル暴”シリーズ第一弾!“任侠”シリーズの阿岐本組の面々も登場!

ここからフッター情報です