ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

文芸ランキング

ランキング掲載の本は基本的に在庫ございます。e-honで「注文できません」「お取り寄せ」や「通常1週間~4週間で出荷します」の表示の場合は直接お近くの啓文堂書店にお問い合わせください。

2017年10月26日~2017年11月15日

  • 1位

    漫画 君たちはどう生きるか

    吉野源三郎/原作 羽賀翔一/漫画
    マガジンハウス
    本体 1,300円 +税
    出版年月 2017年8月
    ISBN 978-4-8387-2947-0

    人間としてあるべき姿を求め続けるコペル君とおじさんの物語。 出版後80年経った今も輝き続ける歴史的名著が、初のマンガ化!

  • 2位

    陸王

    池井戸潤
    集英社
    本体 1,700円 +税
    出版年月 2016年9月
    ISBN 978-4-08-771619-1

    足袋作り百年の老舗が、ランニングシューズに挑む。 埼玉県行田市にある「こはぜ屋」は、百年の歴史を有する老舗足袋業者だ。といっても、その実態は従業員二十名の零細企業で、業績はジリ貧。社長の宮沢は、銀行から融資を引き出すのにも苦労する日々を送っていた。そんなある日、宮沢はふとしたことから新たな事業計画を思いつく。長年培ってきた足袋業者のノウハウを生かしたランニングシューズを開発してはどうか。 社内にプロジェクトチームを立ち上げ、開発に着手する宮沢。しかし、その前には様々な障壁が立ちはだかる。資金難、素材探し、困難を極めるソール(靴底)開発、大手シューズメーカーの妨害――。 チームワーク、ものづくりへの情熱、そして仲間との熱い結びつきで難局に立ち向かっていく零細企業・こはぜ屋。はたして、彼らに未来はあるのか?

  • 3位

    夫の後始末

    曽野綾子
    講談社
    本体 926円 +税
    出版年月 2017年10月
    ISBN 978-4-06-220816-1

    夫・三浦朱門はある日、崩れるように倒れた。短い検査入院の間に、私は日々刻々と夫の精神活動が衰えるのを感じた。その時から、一応覚悟を決めたのである。夫にはできれば死ぬまで自宅で普通の暮らしをしてもらう。そのために私が介護人になる――。

  • 4

    君たちはどう生きるか

    吉野源三郎
    マガジンハウス
    本体 1,300円 +税
    出版年月 2017年8月
    ISBN 978-4-8387-2946-3

    貧困、いじめ、勇気、学問…。今も昔も変わらないテーマに、人間としてどう向き合うべきか。時代を超えた名著、新装版で再び。

  • 5

    ふたご

    藤崎彩織
    文藝春秋
    本体 1,450円 +税
    出版年月 2017年10月
    ISBN 978-4-16-390714-7

    彼は、わたしの人生の破壊者であり、創造者だった。異彩の少年に導かれた孤独な少女。その苦悩の先に見つけた確かな光。SEKAI NO OWARI Saori、初小説!

  • 6

    女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

    西原理恵子
    KADOKAWA
    本体 1,100円 +税
    出版年月 2017年6月
    ISBN 978-4-04-104978-5

    もうすぐ、大きな帆をあげて、子どもたちの船が漕ぎ出していく。人生という航路に絶対安全はないからこそ、今、伝えておきたい。母から娘へ―厳しくもハートフルな生き方指南。

  • 7

    九十歳。何がめでたい

    佐藤愛子
    小学館
    本体 1,200円 +税
    出版年月 2016年8月
    ISBN 978-4-09-396537-8

    待望の単行本がついに発売。実にめでたい! 『九十歳。何がめでたい』というタイトルには、佐藤愛子さん曰く「ヤケクソが籠っています」。2016年5月まで1年に渡って『女性セブン』に連載された大人気エッセイに加筆修正を加えたものです。大正12年生まれ、今年93歳になる佐藤さんは2014年、長い作家生活の集大成として『晩鐘』を書き上げました。その時のインタビューでこう語っています。「書くべきことは書きつくして、もう空っぽになりました。作家としての私は、これで幕が下りたんです」(「女性セブン」2015年2月5日号より) その一度は下ろした幕を再び上げて始まった連載『九十歳。何がめでたい』は、「暴れ猪」佐藤節が全開。自分の身体に次々に起こる「故障」を嘆き、時代の「進歩」を怒り、悩める年若い人たちを叱りながらも、あたたかく鼓舞しています。自ら災難に突進する性癖ゆえの艱難辛苦を乗り越え92年間生きて来た佐藤さんだからからこそ書ける緩急織り交ぜた文章は、人生をたくましく生きるための箴言も詰まっていて、大笑いした後に深い余韻が残ります。ぜひ日本最高峰の名エッセイをご堪能ください。

  • 8

    生きていくあなたへ

    日野原重明
    幻冬舎
    本体 1,000円 +税
    出版年月 2017年9月
    ISBN 978-4-344-03172-2

    死を目前に紡がれた、生涯現役、渾身最期のメッセージ。

  • 9

    マスカレード・ナイト

    東野圭吾
    集英社
    本体 1,650円 +税
    出版年月 2017年9月
    ISBN 978-4-08-775438-4

    若い女性が殺害された不可解な事件。警視庁に届いた一通の密告状。 犯人は、コルテシア東京のカウントダウンパーティに姿を現す!? あのホテルウーマンと刑事のコンビ、再び――。

  • 10

    アナログ

    ビートたけし
    新潮社
    本体 1,200円 +税
    出版年月 2017年9月
    ISBN 978-4-10-381222-7

    たけしがたどりついた“究極の愛”。狂暴なまでに純粋な、書下ろし恋愛小説。「お互いに会いたいという気持ちがあれば、絶対に会えますよ」すべてがデジタル化する世界で悟とみゆきが交わした、たったひとつの不器用な約束。素性も連絡先も知らないまま、なぜか強烈に惹かれあう二人の、「アナログ」な関係が始まった。いまや成立しがたい男女のあり方を描き、“誰かを大切にする”とは何かを問いかける渾身の長編。

ここからフッター情報です