ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

2019年 文庫大賞 候補作品が決まりました

「2019年 文庫大賞」(啓文堂大賞 文庫部門)の候補作品は選考の結果、以下の12作品に決まりました。
 啓文堂書店全店において、10月1日から1ヶ月間にわたる候補作品フェアを開催し、期間中の販売部数により「文庫大賞」を決定いたします。
 選りすぐりの候補作品の中から、お気に入りの1冊を見つけてみてはいかがでしょうか?

【候補作品(作品名五十音順)】

9784408554853.jpg 悪母

著者: 春口裕子
出版社:実業之日本社
価格:685円+税
ISBN:9784408554853


ママ友同士の人間関係を克明に描き出す本作はイヤミス的な感じかと思いきや......

嫌なんて気持ちを通り越して「コワ」すぎる!
幽霊やどんな怪物より一番怖いのはやはり人間、いや、ママ友かも。
9784065132876.jpg 嘘ですけど、なにか?

著者:木内一裕
出版社:講談社
価格:680円+税
ISBN:9784065132876


圧倒的なスピード感で展開していく、木内一裕の魅力が詰まったエンタメサスペンス。
ハラハラドキドキを味わいたいのなら、ぜひ試していただきたい一冊です!

やっと出会えたはずの高級官僚の男は、新幹線爆破テロの発生直後から様子がおかしくなる。
怪しんだ彼女が警察に通報すると、待っていたのは自分自身の逮捕だった。

「君の言うことは、もう誰も信じない」――。
木内一裕10作目となる、完全エンターテインメント大作!
9784087440096.jpg 悪寒

著者:伊岡瞬
出版社:集英社
価格:790円+税
ISBN:9784087440096


単身赴任中、妻から届いた不可解なメールは

「家の中でトラブルがありました」

こんな一文から始まっていた。
受け取ってから、主人公に降りかかる悪夢のような日常。

自分の上司は、本当に妻に殺されたのか?
事件の先にあるのは、絶望か、それとも・・・・・・。
最後まで読んだ人だけがわかる、緊迫のミステリ。

一気読み必至です。
9784101801384.jpg 首無館の殺人

著者:月原渉
出版社:新潮社
価格:550円+税
ISBN:9784101801384


これぞ本格ミステリの定番!
「不気味な館×連続猟奇殺人」で面白くないはずがない!

時は明治、斜陽の商家で起きる連続首無事件。
記憶を失った一人娘の令嬢と、一族の秘密とは――

複雑怪奇な館、繰り返される猟奇殺人、謎だらけの人間関係に息つく暇もありません!

表紙の絵が気になった方は必読!
「館」の世界にどっぷり浸かりましょう!
9784488406219.jpg ジェリーフィッシュは凍らない

著者:市川憂人
出版社:東京創元社
価格:780円+税
ISBN:9784488406219


日本ミステリ界の新時代を告げる圧倒的傑作ミステリ!

雪山で発見された小型飛行船。
その中には乗組員全員の死体が......。
密室で起きた連続殺人の真相を男女二人組みの刑事が追う!
21世紀の『そして誰もいなくなった』登場!

綾辻行人氏推薦!!
「『そして誰もいなくなった』への挑戦であると同時に『十角館の殺人』への挑戦でもあるという。読んでみて、この手があったか、と唸った。目が離せない才能だと思う。 」
9784575521399.jpg ジャッジメント

著者:小林由香
出版社:双葉社
価格:620円+税
ISBN:9784575521399


「被害者と同じ目に遭わせたい」

放火、虐待、いじめ...
残酷な事件が報道されるとネットにあふれるこの言葉。
あなたも思ったことはありませんか?

20XX年、「通常の判決」か「復讐法」か遺族が選択可能な日本。
ただし、復讐法を選んだ場合、復讐を実行するのも遺族自身ー。

怒り、愛情、悲しみ、葛藤...
激しい感情の嵐とぶつかりながら読み終えたとき、人間とは、家族とは、命とは...
自分にとって何が大切か、あらためて考えることができる。
そんな作品です。
9784022649201.jpg  ニワトリは一度だけ飛べる

著者:重松清
出版社:朝日新聞出版
価格:680円+税
ISBN:9784022649201


「あなたにとって仕事とは?」
そんな問いを、読者にそっと、そして深く突きつけるサラリーマン小説。
自らの会社人生にふと疑問を感じ始める30、40代。
朝、大変な通勤電車の中でこそ読んでほしい一冊だ!

社内の派閥争いに敗れ「リストラ部屋」に異動となった主人公。
そこで待っていたのは様々な事情を抱える個性豊かな面々だった・・・。
ある日、その部署に「ニワトリは一度だけ飛べる」という題名の謎のメールが届く。
果たしてこのメールの送り主は誰なのか?
その目的は?

この物語のモデルは実際に起きた食品偽装の「内部告発」事件。
それが故に、うちの会社でも起こりえるかも・・と深く頷くサラリーマンは多いはず!
そして、ラストまでの怒涛の道のりは、全組織人の忘れかけた「熱い魂」を揺さぶること間違いなし!
9784041082096.jpg  望み

著者:雫井脩介
出版社:KADOKAWA
価格:680円+税
ISBN:9784041082096


息子は殺人犯か被害者か――。
究極の一気読みミステリ。

平穏な家族の日常を打ち壊す凶悪事件の魔の手。
息子の無事と、息子の無実、あなたはどちらを望みますか。

こんなに息苦しい内容であるのに、ページをめくる手が止まらない。
心に深く突き刺さる衝撃のサスペンスミステリー。
9784480432247.jpg ピスタチオ

著者:梨木香歩
出版社:筑摩書房
価格:620円+税
ISBN:9784480432247


これはきっとあなたのためだけに書かれた物語だ――

緑あふれる武蔵野にパートナーと老いた犬と暮らす棚(たな)。
ライターをしている彼女に、ある日アフリカ取材の話が舞い込む。
犬の病、友人の死の知らせ...。
静かだった棚の人生が大きく揺れ動く。
何かに導かれるようにやってきたアフリカで彼女が出会ったものとは。

『西の魔女が死んだ』『ぐるりのこと』の梨木香歩が贈るたましいの物語。
9784198944476.jpg 藻屑蟹

著者:赤松利市
出版社:徳間書店
価格:640円+税
ISBN:9784198944476


第1回大藪春彦新人賞受賞作。
電子書籍先行発売が、ついに合本版として発売。

一号機が爆発した。
原発事故の模様をテレビで見ていた木島雄介は、これから何かが変わると確信する。
だが待っていたのは何も変わらない毎日と、除染作業員、原発避難民たちが街に住み始めたことによる苛立ちだった。
六年後、雄介は友人の誘いで除染作業員となることを決心。
しかしそこで動く大金を目にし、いつしか雄介は...。

元除染作業員が描く、震災と復興の闇を描いた小説。
是非、一読してください。
9784167910464.jpg モダン

著者:原田マハ
出版社:文藝春秋
価格:560円+税
ISBN:9784167910464


モダン・アートの聖地、ニューヨーク近代美術館――MoMA。
ピカソ、マティス、ルソー、ワイエスなど20世紀絵画の巨匠たちの作品が綺羅星のごとく並ぶこの美術館を舞台に、アートを愛するさまざまな人の夢や苦悩、人生の決断を描く。
アート小説の名手である著者の真骨頂にして、もっとも都会的な作品です。
9784344428454.jpg リハーサル

著者:五十嵐貴久
出版社:幻冬舎
価格:600円+税
ISBN:9784344428454


花山病院の副院長・大矢は、簡単なオペでのミスを新任の看護婦・リカに指摘され、"隠蔽"してしまう。
それ以来、リカの異様な付き纏いに悩まされる。
一方、病院内では婦長の転落を始め陰惨な事故・事件が続発。
そして、大矢の美しき婚約者・真由美が消えた。誰もいないはずの新築の病棟で、彼が対面したのは...。
シリーズ史上、最も酸鼻な幕切れです。

微かな不安は明確な違和感になり、やがて戦慄を呼ぶ。
そして、絶望へ・・・。



ここからフッター情報です