ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

2018年 文芸書大賞 候補作品が決まりました

文芸書大賞候補2018大バナー02.jpg 「2018年 文芸書大賞」(啓文堂大賞 文芸書部門)の候補作品は選考の結果、以下の12作品に決まりました。
 啓文堂書店全店において、9月1日から1ヶ月間にわたる候補作品フェアを開催し、期間中の販売部数により「文芸書大賞」を決定いたします。
 選りすぐりの候補作品の中から、お気に入りの1冊を見つけてみてはいかがでしょうか?

【候補作品(作品名五十音順)】

9784569836584.jpg 火定

著者:澤田瞳子
出版社:PHP研究所
価格:1,800円+税
ISBN:9784569836584


第158回直木賞候補作!!
これほどの絶望に人は立ち向かえるのか。

寧楽の人々を死に至らしめた天然痘。
疫病の蔓延を食い止めようとする医師たちと、偽りの神を祀り上げて混乱に乗じる者たち―。
人間の「業」を圧倒的筆力で描き切った歴史長編!!
著者最高傑作!

9784048961417.jpg 家庭教室

著者:伊東歌詞太郎
出版社:KADOKAWA
価格:1,300円+税
ISBN:9784048961417


ネット動画投稿で支持を集め、2014年にメジャーデビューを果たしたシンガーソングライター伊東歌詞太郎の小説デビュー作。


大学生灰原 巧が、家庭教師として訪れた家族・子供が抱える問題に真摯に向き合い、解決していく姿を描く。
人間関係に悩む人、夢を諦めたくない人、親、子供、世代を問わず読んで欲しい秀作!

9784488027858.jpg キネマトグラフィカ

著者:古内一絵
出版社:東京創元社
価格:1,600円+税
ISBN:9784488027858


思わず、目頭が熱くなる。
働く全ての人に届けたい感動作!

「たとえいくつになろうとも自分たちはいつだって"これから"なのだ」
本文にあるこの言葉にぐっと胸をつかまれます。
ふと立ち止まって振り返った時に、「大丈夫、あなたは頑張ってる!」と声をかけてくれるような一冊。
これまで頑張って働いてきた人もこれから社会に出る人にも読んで欲しい作品です。

9784309025254.jpg さざなみのよる

著者:木皿泉
出版社:河出書房新社
価格:1,400円+税
ISBN:9784309025254


「これはきっと
あのひとたちからの手紙だ
失ってしまった愛おしい あのひとたちからの」
(書店員さんの感想より)


---宿り、去って、やがてまたやってくる。
命のまばゆいきらめきを描いた、感動と祝福の物語です。

9784334912291.jpg ショコラティエ

著者:藤野恵美
出版社:光文社
価格:1,700円+税
ISBN:9784334912291


『ハルさん』で啓文堂大賞・文庫大賞を受賞した藤野恵美さんの最新刊!


お菓子作りを通して親友となる聖太郎と光博。
些細な出来事で疎遠になるが...。
ちょっぴり甘くてほろ苦い成長ストーリー。

9784575240764.jpg 背中、押してやろうか?

著者:悠木シュン
出版社:双葉社
価格:1,300円+税
ISBN:9784575240764


このタイトル、あなたはどういう意味だと思いますか?

連鎖する事故なのか自殺なのかわからない同級生の死、親友の不登校、そして突然始まった「ぼく」へのいじめ。
この中学校でなにが起こっているのか?
「ぼく」と不登校だった「繭子」は手を組んで事件の真相を探る...。

中学生目線で描く容赦のないイジメ描写に、胸の痛みと、ページをめくる手も止まらない...これぞ「ザ・青春ミステリー」です。

9784163907956.jpg そして、バトンは渡された

著者:瀬尾まいこ
出版社:文藝春秋
価格:1,600円+税
ISBN:9784163907956


本の雑誌が選ぶ上半期ベスト10第1位!
今年絶対おすすめはこの1冊!

「森宮優子、十七歳。四回も名字が変わった。でも、全然不幸ではないのだ」

瀬尾まいこ渾身の新しい「家族小説」をどうぞお楽しみください!

9784591159521.jpg 夏空白花

著者:須賀しのぶ
出版社:ポプラ社
価格:1,700円+税
ISBN:9784591159521


終戦の翌日、甲子園復活を決意した男がいた―。

終戦を迎えた、昨日までの正義が否定される中、日本という国の希望のために立ち上がった男たち。

甲子園100回大会を迎えた本年、野球が好きな人は勿論、日本という国に生きるすべての人に読んでほしい、須賀しのぶさん渾身の感動作です。

9784093864985.jpg 骨を弔う

著者:宇佐美まこと
出版社:小学館
価格:1,600円+税
ISBN:9784093864985


数十年前にいたずらで埋めた骨格標本が、異なる場所で発掘された。
あの日、本当は何を埋めたんだろう――。
疑問を抱いた豊は、一緒に骨を埋めた同級生に会いに行く。

登場人物全員がキーマン。
最後の15P、あなたの想像はきっと覆される!

9784062209885.jpg 本のエンドロール

著者:安藤祐介
出版社:講談社
価格:1,650円+税
ISBN:9784062209885


「本のエンドロール」とは、本の一番後ろのページにある「奥付」と呼ばれる、著者名や出版社などの情報が載っているスペースのこと。


この本は、その「奥付」にも載ることのない、でも欠かすことのできない裏方たちを描く、お仕事小説です。


印刷営業、工場作業員、デザイナーなどなどなど・・・
その実態を知る機会の少ない仕事について、を敢行。
『被取締役新入社員』などのお仕事小説で知られる安藤祐介が、構想三年をかけて手がけた、本を愛するすべての人に手に取ってほしい一冊です。

きっと今まで読んだ本の奥付を見返してみたくなるはずです。

9784022515537.jpg ゆっくりおやすみ、樹の下で

著者:高橋源一郎
出版社:朝日新聞出版
価格:1,300円+税
ISBN:9784022515537


11歳の女の子の夏休みの不思議な出来事を通して、大事なことを学べます。
親子の会話、自然の不思議、建物も生きていること、不自由さの楽しさ、祖母よりも前の先祖のこと、戦争という時代‥‥。

著者にとってはじめての、小学生から大人まで楽しめる長篇小説。
今日マチ子さんのイラストも心にほっこりきます。
9784103516415.jpg わたし、定時で帰ります。

著者:朱野帰子
出版社:新潮社
価格:1,400円+税
ISBN:9784103516415


イマドキな新人、残業前提の後輩、最大の敵は「ブラック上司」!!?
【定時の女王】結衣は、きょうも闘う!!

IT企業OL、結衣のポリシーは「定時で退社すること」。
時間内で仕事を終えるべくコツコツ努力し、周囲の「残業が当然」な空気と闘ってきた。
だがある日、他社からの移籍で、最凶のブラック上司が降臨し・・・!?
「職場あるある」を読んで笑っているうちに、気がつくと「働くってなんだろう?」と自分のことを考えている。
いまこそ読んでほしいお仕事小説です!!

ここからフッター情報です