ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

2017年 新書大賞 候補作品が決まりました

2017新書大賞候補作バナー(大).jpg
 「2017年 新書大賞」(啓文堂大賞 新書部門)の候補作品は選考の結果、以下の12作品に決まりました。
 啓文堂書店全店において、6月1日から1ヶ月間にわたる候補作品フェアを開催し、期間中の販売部数により「新書大賞」を決定いたします。
 選りすぐりの候補作品の中から、お気に入りの1冊を見つけてみてはいかがでしょうか?
【候補作品(作品名五十音順)】

9784334039042.jpg江戸はスゴイ

著者:堀口茉純
出版社:PHP研究所
価格:880円+税
ISBN:9784569831916


学校で勉強したけどつまらなくて・・・という人もいるかもしれない江戸時代。
ただ実は、同時代の世界に類を見ない、エキサイティングな町だったのです!
 
・ようこそ大江戸観光ツアー
・けっこう楽しそう(笑)!江戸町人の暮らし
・役者・アイドル・スポーツ選手・・・憧れのスターたち
・異常発達☆食文化
 
  などなど『スゴイ!』が連発の、面白さてんこ盛りの一冊です!
9784022736567.jpg 隠れ貧困

著者:荻原博子
出版社:朝日新聞出版
価格:760円+税
ISBN:9784022736567


年収800万でも老後破産まっしぐら!
住宅ローン、受験期の家庭、要介護者を抱える家族など多岐にわたって解説。

「うちは裕福だから・・・」

と思っている人にこそ読んでほしい一冊です。
9784140885031.jpg キラーストレス 心と体をどう守るか

著者:NHKスペシャル取材班
出版社:NHK出版
価格:780円+税
ISBN:9784140885031


日々の暮らしの中で、決して避けることのできないストレス。
そのストレスが私たちの心と体を蝕むメカニズムを最先端の知見から明らかにし、大反響を呼んだNHKスペシャル「キラーストレス」を書籍化!
日常のあらゆる場面で私たちを襲うストレスが脳と体を破壊してゆくプロセスは、かなり衝撃的です・・・。
まずは第一章の「ストレスチェック」で、自身のストレスレベルを知ってみましょう!
また本書では、日々のストレスから身を守るために今日から始められる対処法を、詳しく紹介。
食生活の改善や運動、さらに近年注目を集めるマインドフルネスがストレスで傷ついた体を癒す過程を、科学的根拠とともに明らかにしています。
ストレス大国、ニッポン―。
「自分はまだ大丈夫」、そう思っている人にこそ、一読いただきたい一冊です。
9784532263126.jpg 心が折れる職場

著者:見波利幸
出版社:日本経済新聞出版社
価格:850円+税
ISBN:9784532263126


6万部突破のベストセラー
飲み会なし、雑談なしは危険信号。
なぜあの部署では不調者が多発するのか?

上司がアドバイス上手、「頭のいい人」が周囲にそろっている、「ホウ・レン・ソウ」が重視されている、論理的思考が重視される、無駄口をきかず効率優先・・・
こんな職場こそ、実は心が折れやすい?

パワハラや長時間労働だけではない、不調を起こす職場の本当の理由について、数々の実例を知るプロのカウンセラーがひもとく。
9784121018908.jpg 世界一美味しい煮卵の作り方

著者:はらぺこグリズリー
出版社:光文社
価格:900円+税
ISBN:9784334039738


最速1分!
帰宅後すぐに作れるから・・・駅ナカ書店で売れています!

・世界一美味しい煮卵の作り方
・5分で完成する激ウマ釜玉うどん
・よみつき塩キャベツ
・カニカマわさび
・とろーり豆腐チーズ
・安らぎのホットバナナミルク

主食・おかず・副菜・スイーツ・・・ぜんぶ簡単!
9784121024312.jpg 定年後

著者:楠木新
出版社:中央公論新社
価格:780円+税
ISBN:9784121024312


自営業などを除けば誰もがいつかは迎える定年。
社会と密接に関わってきた人も、組織を離れてしまうと、仕事や仲間を失って孤立しかねません。
お金や健康、時間のゆとりだけでは問題は解決しません。
家族や地域社会との良好な関係も重要です。
第二の人生をどう充実させたらよいのか。
シニア社員、定年退職者、地域で活動する人たちへの取材を通じて、定年後に待ち受ける「現実」を明らかにし、真に豊かに生きるヒントを提示します。
9784480069375.jpg 日本人の9割が間違える英語表現100

著者:キャサリン・A・クラフト
出版社:筑摩書房
価格:800円+税
ISBN:9784480069375


著者は、日本人の話す英語の中に脈々と受け継がれている勘違いが数多く存在することを指摘する。
ちょっとした文法ミスは、コミュニケーションを妨げる大きな要因にはならないが、自分が意図したことが別の意味に捉えられるような間違いは、小さくない問題を引き起こす。
間違い自体は悪いことではないが、それを修正していこうとする姿勢が重要。

・"See you againn"は永遠の別れ
・「ウソつき!」と"liar"の違い
・"get"と"take"の違い
・「すみません」の表現/「~の」は"of"でいいか
・目立つ"favorite"の誤用
・多いYeah派
・「デリシャス」を連発する日本人
・不自然に聞こえる"so"と"too"
・"heart"と"mind"はどこが違う?
・「ボーイフレンド」と「ガールフレンド」の範囲・・・etc

役に立つ実例満載の1冊です。
9784106106736.jpg 脳が壊れた

著者:鈴木大介
出版社:新潮社
価格:760円+税
ISBN:9784106106736


突然の脳梗塞に襲われた41歳のルポライター。
一命は取り留め、見た目は「普通」の人と同じにまで回復した。
けれども外からは見えない障害の上に、次々怪現象に襲われる。
トイレの個室に突然老紳士が出現。
会話相手の目が見られない。
感情が爆発して何を見ても号泣。
一体、脳で何が起きているのか?
持ち前の探求心で、自身の身体を取材して見えてきた意外な事実とは?
前代未聞、深刻なのに笑える感動の闘病ドキュメント!
9784166611232.jpg 発達障害

著者:岩波明
出版社:文藝春秋
価格:820円+税
ISBN:9784166611232


近年、ドラマや小説の主人公に「発達障害」を思わせるキャラをよく見かける。

例えば2016年にヒットしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主人公・津崎平匡。
彼は高学歴だが対人関係が苦手で応答が画一的、些細なことへのこだわりが強い、という設定。

アメリカの人気ドラマ『クリミナル・マインド』の主人公リードは、FBIのエリート捜査官で、IQ187。
彼は飛び級を繰り返してカリフォルニア工科大学で数学、化学、工学の博士号を取得し、驚異的な記憶力と分析力で難事件を解決する。
しかし、他人の気持ちがわからず、空気が読めない。

こうした発達障害と思われる人は実は少なくない。
人口の約5~10%という研究報告もあり、周囲にこんな人がいる、と思い当たる人も少なくないだろう。
本書は、日本初の「発達障害のためのデイケア」を運営する病院長が、事件の精神鑑定の裏側、天才たち、歴史上の人物など、豊富な症例と対策を講義する、必読の一冊。
9784140883624.jpg 「プロフェッショナル 仕事の流儀」決定版 人生と仕事を変えた57の言葉

著者:NHK「プロフェッショナル」制作班
出版社:NHK出版
価格:780円+税
ISBN:9784140883624


ビジネスや医療、芸能、スポーツなど、各界の最前線で活躍するプロフェショナル達の仕事、そして人生を変えた言葉。
上司や先輩から言われた言葉、親からの言葉、子からの言葉、本や映画の中で出会った言葉など、ふとした時に彼らの心に深く刻まれ、その人生と仕事に大きな影響を与えた57の言葉とそのエピソードを紹介します!
本書で紹介するのは、決して耳に心地よい言葉ばかりではありません。
しかし、読む人一人ひとりの心に響く一言が、きっと見つかります。
壁にぶつかったとき、仕事に行き詰ったとき、決断を迫られたとき、勇気が出ないとき―。
そんなとき、ぜひ手に取って読んでいただきたい一冊です。

9784334038540.JPG 目の見えない人は世界をどう見ているのか

著者:伊藤亜紗
出版社:光文社
価格:760円+税
ISBN:9784334038540


私たちは日々、五感―視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚―からたくさんの情報を得て生きている。
なかでも視覚は特権的な位置を占め、人間が外界から得る情報の八~九割は視覚に由来すると言われている。
では、私たちが最も頼っている視覚という感覚を取り除いてみると、身体は、そして世界の捉え方はどうなるのか―?
美学と現代アートを専門とする著者が、視覚障害者の空間認識、感覚の使い方、体の使い方、コミュニケーションの仕方、生きるための戦略としてのユーモアなどを分析。
目の見えない人の「見方」に迫りながら、「見る」ことそのものを問い直す。
9784062882040.jpg 森の力 植物生態学者の理論と実践

著者:宮脇昭
出版社:講談社
価格:740円+税
ISBN:9784062882040


現場での調査・研究に没頭した日々から、日本一木を植えた男へ。
今も植樹のため世界中を駆ける老学者が生命と人間社会の営みを語る。

「お前はまだ人の話を聞くな。
誰かが話したことの又聞きかもしれないぞ。
お前はまだ本を読むな。そこに書いてあることは、誰かが書いたやつの引き写しかもしれないぞ。
話はいつでも聞けるし、本はいつでも読める。
大事なことは、部分的あるいは結論めいた話や本にあるのではない」

「見たまえ、この大地を。
見たまえ、この自然を。
ホンモノのいのちのドラマが目の前で展開しているではないか」

「お前はまず現場に出て、自分の体を測定器にすればいいのだ。
現場で、目で見、匂いを嗅ぎ、舐めて、触って、調べろ」

夜行を乗り継ぎ、現場調査に明け暮れた若き日々、「見えないものを見る力」を学んだドイツ留学時代、徹底的な調査研究で、日本の森の真実を知った10年間、そして、自らの理論を基に、いのちを守るふるさとの森づくりへ。
日本一木を植えている科学者の理論と実践を知る決定版。


ここからフッター情報です