ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

2019年 文芸書大賞が決まりました

「2019年 文芸書大賞」(啓文堂大賞 文芸書部門)は、9月から開催した候補作品フェアの結果、期間中にもっとも多くのお客さまから支持された、
宇山佳佑さんの『この恋は世界でいちばん美しい雨』(集英社)に決まりました。
 候補作品フェア期間中は、多数のお客さまにご参加をいただき、誠にありがとうございました。
 大賞を受賞した『この恋は世界でいちばん美しい雨』につきましては、11月から啓文堂書店全店において受賞記念フェアを開催いたします。


 なお、候補作品フェアの上位3作品は以下のとおりです。

【上位3作品】

9784087711684.jpg この恋は世界でいちばん美しい雨

著者:宇山佳佑
出版社:集英社
価格:1400円+税
ISBN:9784087711684


「雨って誰かが大切な人を想って降らす"恋の涙"なんですよ」

小さな幸せが愛する人の命を奪う日常。幸せとは、生きるとは、何なのか...... 
GENERATIONS 片寄涼太さんも推薦、6刷3万部突破!
これほどまでに優しく切ない愛に出会ったのは初めてです。(集英社24歳販売担当)
9784198647728.jpg 月とコーヒー

著者:吉田篤弘
出版社:徳間書店
価格:1800円+税
ISBN:9784198647728


全24篇。
すべてが馴染みの飲み屋に顔を出すような心地よさだ。
絵本のように自分でストーリーをつくりたくなる自由さもうれしい。
遠足に行く前の日のワクワクというより、学生時代にセレクトしたロックのマイベストみたいな感じがする。
本棚に1冊と言うよりも枕元に置いておきたくなる本。
9784022515957.jpg 傲慢と善良

著者:辻村深月
出版社:朝日新聞出版
価格:1600円+税
ISBN:9784022515957


ある日、忽然と姿を消した婚約者。
主人公はその婚約者を探すため、彼女の過去を調べ始めるのだが。。。
本格ミステリの様相で幕を開けるこの物語。
だが徐々にこの一組の男女の「空虚さ」をあぶり出していく。
そして、驚愕の結末とともに読者に突き付ける「本当の幸せ」とは!!
     
人生の岐路に立つ全ての大人に読んでほしい!辻村深月が贈る"リアル"で"痛い"大人の恋愛小説!!

ここからフッター情報です