ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録

2017年 新書大賞が決まりました

2017新書大賞大バナー(HP用).jpg
 「2017年 新書大賞」(啓文堂大賞 新書部門)は、6月から開催した候補作品フェアの結果、期間中にもっとも多くのお客さまから支持された、
楠木新さんの『定年後』(中央公論新社)
に決まりました。
 候補作品フェア期間中は、多数のお客さまにご参加をいただき、誠にありがとうございました。
 大賞を受賞した『定年後』につきましては、8月から啓文堂書店全店において受賞記念フェアを開催いたします。

 なお、候補作品フェアの上位3作品は以下のとおりです。

【上位3作品】

大賞

9784121024312.jpg 定年後

著者:楠木新
出版社:中央公論新社
価格:780円+税
ISBN:9784121024312


自営業などを除けば誰もがいつかは迎える定年。
社会と密接に関わってきた人も、組織を離れてしまうと、仕事や仲間を失って孤立しかねません。
お金や健康、時間のゆとりだけでは問題は解決しません。
家族や地域社会との良好な関係も重要です。
第二の人生をどう充実させたらよいのか。
シニア社員、定年退職者、地域で活動する人たちへの取材を通じて、定年後に待ち受ける「現実」を明らかにし、真に豊かに生きるヒントを提示します。
2位

9784166611232.jpg 発達障害

著者:岩波明
出版社:文藝春秋
価格:820円+税
ISBN:9784166611232


近年、ドラマや小説の主人公に「発達障害」を思わせるキャラをよく見かける。
例えば2016年にヒットしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主人公・津崎平匡。
彼は高学歴だが対人関係が苦手で応答が画一的、些細なことへのこだわりが強い、という設定。
アメリカの人気ドラマ『クリミナル・マインド』の主人公リードは、FBIのエリート捜査官で、IQ187。
彼は飛び級を繰り返してカリフォルニア工科大学で数学、化学、工学の博士号を取得し、驚異的な記憶力と分析力で難事件を解決する。
しかし、他人の気持ちがわからず、空気が読めない。
こうした発達障害と思われる人は実は少なくない。
人口の約5~10%という研究報告もあり、周囲にこんな人がいる、と思い当たる人も少なくないだろう。
本書は、日本初の「発達障害のためのデイケア」を運営する病院長が、事件の精神鑑定の裏側、天才たち、歴史上の人物など、豊富な症例と対策を講義する、必読の一冊。
3位

9784334039738.jpg 世界一美味しい煮卵の作り方

著者:はらぺこグリズリー
出版社:光文社
価格:900円+税
ISBN:9784334039738


最速1分!
帰宅後すぐに作れるから・・・駅ナカ書店で売れています!

・世界一美味しい煮卵の作り方
・5分で完成する激ウマ釜玉うどん
・よみつき塩キャベツ
・カニカマわさび
・とろーり豆腐チーズ
・安らぎのホットバナナミルク

主食・おかず・副菜・スイーツ・・・ぜんぶ簡単!

ここからフッター情報です